公益財団法人 神澤医学研究振興財団 第17回講演会

  日 時:平成27年5月29日(金)17:50~21:00
  場 所:ホテルオークラ 本館2階 オークルーム
  東京都港区虎ノ門2-10-4
  (TEL 03-3582-0111)

プログラム
Ⅰ.開会挨拶 17:50~17:55
理事長 キッセイ薬品工業株式会社 代表取締役会長 神澤 陸雄
 
Ⅱ.第17回 助成研究発表 17:55~18:40
司 会 選考委員 東京大学大学院医学系研究科生殖・発達・加齢医学専攻産婦人科学講座生殖内分泌学分野
 教授 藤井 知行
     
〈1〉初期卵胞発育を制御する因子の網羅的同定とその臨床応用
聖マリアンナ医科大学高度生殖医療技術開発講座 河村 七美
 
〈2〉新規細胞膜上、女性ステロイドホルモン受容体による個体レベルでの
   生理病態機構の解明と創薬応用
東京農工大学大学院農学研究院応用生命化学専攻代謝機能制御学研究室 木村 郁夫
〈3〉胎盤早期剥離および前置胎盤の出血の予知に関する研究
 昭和大学医学部産婦人科学講座 長谷川 潤一
 
〈4〉妊娠合併症の成因に関わるアディポサイトカインと自然炎症因子動態のゲノムワイド解析
奈良県立医科大学産婦人科学教室 成瀬 勝彦
 
〈5〉日米データから算出する日本人の適切な妊娠中の食生活と体重増加量
国立成育医療研究センター社会医学研究部ライフコース疫学研究室 森崎 菜穂
18:40~ 19:25
 
 司会 選考委員 弘前大学大学院医学研究科産科婦人科学講座 教授 水沼 英樹
 
〈6〉 糖の取込み及び代謝の異常による乳腺上皮細胞の癌化メカニズム 
北海道大学大学院医学研究科生化学講座分子生物学分野 小野寺 康仁
 
〈7〉 子宮内膜症上皮細胞を用いた子宮内膜症発生、慢性炎症、癌化に関する
   ジェネティック、エピジェネティックな遺伝子発現動態の網羅的解析
東京大学医学部附属病院女性外科 平田 哲也
 
〈8〉 卵巣ガン治療への応用を目指したマクロファージ活性化制御作用を有する
   天然物由来低分子化合物の既知抗ガン剤との併用効果の検討 
熊本大学大学院生命科学研究部細胞病理学分野 藤原 章雄
 
〈9〉 閉経後代謝異常における、アドレノメデュリン ― RAMP2システムの病態生理学的意義
信州大学大学院医学系研究科疾患予防医科学系専攻循環病態学講座  神吉 昭子
 
〈10〉 閉経後骨粗鬆症におけるセマフォリン3Aの役割 
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科分子情報伝達学  林  幹人
 
Ⅲ.第17回 神澤医学賞贈呈式 19:25~19:30
 
Ⅳ.第17回 神澤医学賞受賞講演 19:30~20:00
司会 理事 独立行政法人労働者健康福祉機構 理事長 武谷 雄二
 産婦人科領域における各種疾患の免疫学的病態生理の解明と
  それに基づく新規の予防・治療法の開発に向けた研究
東京大学大学院医学系研究科産婦人科学講座 准教授 川名  敬
 
Ⅴ.意見交換会 20:00~21:00