○平成28年度褒賞、助成金交付者一覧

平成28年度 (第19回)神澤医学賞           (1件 300万円)    (敬称略)

研究者名

役  職
研究機関名

科・教室名
研究テーマ
河村 和弘

准教授
聖マリアンナ医科大学

医学部産婦人科学
卵巣機能不全に対する新たな不妊治療「卵胞活性化療法」の開発

 

平成28年度 (第20回)研究助成金           (1件 150万円)  (五十音順、敬称略)

主たる研究者名

役  職
研究機関名

科・教室名
研究テーマ
入山 高行

助 教
東京大学医学部
生殖発達加齢医学専攻
分子細胞生殖医学研究室
アデノシンシグナル経路を標的とした妊娠高血圧腎症の新規治療法の開発およびアデノシンの発症予知マーカーとしての可能性の検討
大江 佑治

日本学術振興会特別研究員PD
東北大学東北メディカル・メガバンク機構
地域医療支援部門母児医科学分野
全身性エリテマトーデス合併妊娠の病態解明と新規治療法の開発
川﨑  薫

大学院生
京都大学大学院医学研究科

婦人科学産科学教室
Sonic hedgehog pathwayをターゲットとした胎盤機能不全に対する新規治療法の開発
藏本 吾郎

助 教
東京女子医科大学

産婦人科学講座
細胞シート工学再生医療技術を用いたin vitroにおける子宮内膜組織三次元構築と受精卵着床・浸潤解明のための新規実験系の開発に関する研究
佐藤 信吾

講 師
東京医科歯科大学大学院

医歯学総合研究科細胞生理学分野
閉経後骨粗鬆症の発症を予測するバイオマーカーの開発
田中  啓

医 員
杏林大学

産科婦人科学教室
母体インスリン抵抗性に注目した胎盤発育機序の解明
中岡 博史

助 教
国立遺伝学研究所

総合遺伝研究系人類遺伝研究部門
クロマチン高次構造解析による子宮内膜症受性遺伝子座の転写制御メカニズム解明
西川 恵三

特任准教授
大阪大学免疫学フロンティア研究センター

免疫細胞生物学
閉経後骨粗鬆症の画期的な治療・予防につながるエピゲノム創薬の研究
花岡 宏史

特任准教授
群馬大学大学院医学系研究科

バイオイメージング情報解析学講座
子宮内膜症の病変を非侵襲的に高感度かつ高精度で検出することが可能な、新規PET診断用放射性薬剤の開発研究
檜井 栄一

准教授
金沢大学医薬保健研究域薬学系

薬理学
変形性関節症の病態発現における脂質メディエーターの役割


平成28年度 (第19回)海外留学助成金           (1件 50万円)  (五十音順、敬称略)

研究者名

役職
研究機関名

期  間
研究テーマ
浦田 陽子

医局員
東京大学
産科婦人科学教室
免疫学的観点からの卵胞発育のメカニズムと多嚢胞性卵巣症候群の病態の解明
北村 洋平

Research Fellow
Harvard Medical School, Brigham and Women’s Hospital, Department of Neurosurgery

幹細胞を用いたトリプルネガティブ乳癌脳転移の治療方法の構築
藤田  諒

日本学術振興会特別研究員PD
長崎大学原爆後障害医療研究所

幹細胞生物学
女性特有な骨格筋幹細胞制御機構の解明
箭原 康人

医 員
富山大学

整形外科
組織常在マクロファージを標的とした骨粗鬆症に対する新規治療法の開発