一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2001年1月22日

切迫早産治療薬「KUR-1246」の共同開発契約締結のお知らせ

キッセイ薬品工業株式会社
帝国臓器製薬株式会社



 キッセイ薬品工業株式会社(代表取締役社長:神澤陸雄)と帝国臓器製薬株式会社(代表取締役社長:山口 隆)は、キッセイ薬品が創製した切迫早産治療薬「KUR-1246」を日本国内で共同開発することについて今般合意し、契約を締結しましたのでお知らせ致します。

 今後両社は、本剤の日本での承認取得を目指し、共同で研究開発を実施、承認申請を行うとともに、販売も共同で行う予定です。


 「KUR-1246」はキッセイ薬品が創製した新規β2受容体刺激剤であり、子宮平滑筋の収縮を抑制することにより、切迫早産を防止します。本剤は子宮平滑筋のβ2受容体への選択性が高いことが英国での第Ⅰ相臨床試験の結果から確認されており、第2世代の切迫早産治療薬となることが期待される薬剤です。本剤の臨床試験は、英国での第Ⅰ相が終了し、現在日本での第Ⅰ相臨床試験の準備中です。


 キッセイ薬品は泌尿・生殖器領域を重点領域の一つとして新薬の研究開発に注力しております。今回の契約により、「KUR-1246」を両社で共同開発することによって、本剤の開発を効率的に進めることが可能となります。


 また、帝国臓器製薬は創立以来ホルモン製剤、特に産婦人科領域では、多くの製品を開発、上市しており、この領域の研究開発に注力しております。 今回、「KUR-1246」を共同開発・販売することにより、産婦人科領域パイプラインの一層の充実を図ることができます。


 産婦人科領域は両社の重点領域であり、また開発経験のある領域でもあることから今回の合意に至りました。「KUR-1246」の開発にあたっては、長期間を要する小児追跡試験なども必要であり、両社の資源を結集し、共同開発することによって製品化のスピードアップが図られるものと期待しております。


以上


-会社概要-

<キッセイ薬品工業株式会社>

■本社
長野県松本市芳野19番48号

■代表取締役社長
神澤 陸雄


■設立
1946年8月


■資本金
242億19百万円


■従業員数
1,433名(2000年9月末現在)


■売上高
534億09百万円(2000年3月期)


■事業内容
医療用医薬品の研究開発、製造、販売


<帝国臓器製薬株式会社>

■本社
東京都港区赤坂二丁目5番1号


■代表取締役社長
山口 隆


■設立
1929年6月(創立 1920年6月)


■資本金
11億97百万円


■従業員数
1,004 名(2000年9月末現在)


■売上高
225億36百万円(2000年3月期)

お問い合わせ
キッセイ薬品工業株式会社 総務部広報課 浅川、横澤 TEL:0263-25-9523 FAX:0263-25-9150
帝国臓器製薬株式会社 総務人事部広報担当 横山 TEL:03-3583-8681 FAX:03-3583-3328