一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2002年12月25日

血糖降下剤「ミチグリニド」の承認申請のお知らせ

 キッセイ薬品工業株式会社(代表取締役社長:神澤陸雄)は、この度、速効型食後血糖降下剤「ミチグリニド(一般名)」の承認申請を厚生労働省に行いましたのでお知らせ致します。
 
 ミチグリニドは当社が創製・開発した速効性・短時間作用型のインスリン分泌促進剤です。従来のインスリン分泌促進剤(SU剤)に比べ服用後速やかに効果を発現することから、心血管疾患等の糖尿病合併症の危険因子として重要視されている食後高血糖を抑制し、血糖を良好にコントロールするユニークな血糖降下剤です。また、作用持続時間が短いため、従来のSU剤に比べ低血糖を惹起しにくく、インスリンを分泌する膵臓のβ細胞の疲弊軽減が期待されることなどから、糖尿病患者さんのQOL(生活の質)の向上に貢献できるものと思われます。

 「ミチグリニド」は日本国内においては、厚生労働省の審査を経て承認を取得した後、同一品名にて当社と武田薬品工業株式会社が共同販売致します。また、海外においては、欧州および中国を含むアジア地域等の開発・販売権をフランスのセルヴィエ社にライセンスアウトしており、現在同社により第Ⅲ相比較臨床試験が進められています。米国においては当社現地法人のキッセイ ファーマ U.S.A.により第Ⅱ相臨床試験の段階にあり、他社へのライセンスアウトを図るべく交渉中です。

 当社は糖尿病などの代謝疾患領域を重点領域の一つに位置付けています。現在「ミチグリニド」のほかに糖尿病性神経障害に伴う疼痛緩和剤「KIN-493」、選択的SGLT2阻害作用を有する糖尿病治療剤「KGT」を開発中であるほか、新規メカニズムの糖尿病用剤の研究も進めています。「KGT」は本年10月にグラクソ・スミスクライン社(本社:イギリス)に日本、韓国、中国、台湾を除く全世界における開発・販売権をライセンスアウトしました。


以上