一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2004年10月29日

持続性Ca拮抗降圧剤「シナロング®錠5」「シナロング®錠10」の販売移管について

ユーシービージャパン株式会社
キッセイ薬品工業株式会社



 ユーシービージャパン株式会社(代表取締役社長:ファブリス・エグロ)とキッセイ薬品工業株式会社(代表取締役社長:神澤 陸雄)は、ユーシービージャパンが販売している持続性Ca拮抗降圧剤「シナロング®錠5」「シナロング®錠10」(一般名:シルニジピン、以下、「シナロング®錠」)について、キッセイ薬品に販売を移管することで合意し、契約を締結しましたのでお知らせ致します。

 本契約により、キッセイ薬品はユーシービージャパンより「シナロング®錠」の製品供給を受け、平成17年1月1日から販売並びに医療機関への情報提供を行います。なお、販売移管を円滑に行うため、本年11月1日より12月31日までは、両社は協力して販売の承継活動を行います。

 「シナロング®錠」は平成7年に発売された持続性Ca拮抗降圧剤です。本剤は、1日1回(朝食後)の服用で24時間にわたり安定した降圧効果を示します。また、従来のカルシウム拮抗降圧剤が有するL型カルシウムチャネル阻害作用に加え、交感神経終末に存在するN型カルシウムチャネルの阻害作用も有することから、降圧時の心拍数の増加抑制、ストレス負荷時の昇圧抑制など、交感神経の過剰な亢進を抑制することが確認されており、医療機関、患者さんから高く評価されています。

 今回の合意は、中枢神経、内科、免疫・アレルギー領域などのスペシャリスト製品にフォーカスしたいユーシービージャパンと糖尿病用薬グルファスト®錠、高脂血症治療薬ベザトール®SR錠を販売し、重点領域の一つに位置づける生活習慣病領域における医薬情報活動のさらなる効率化を図るキッセイ薬品の意向が一致したことによります。


以上



《ユーシービージャパンについて》
ユーシービージャパン株式会社(www.ucb-group.co.jp)は、ユーシービーグループの日本法人として1988年に設立され、以来医薬事業部門を中心に事業を推進してきました。2000年6月には、富士レビオ株式会社の医薬品事業部門を買収、以来アレルギー性疾患治療剤ジルテック®錠の堅調に加え、H2受容体拮抗剤ストガー®錠や尿失禁・頻尿治療剤バップフォー®錠などの自社販売製品等を有するスペシャリティ・ファーマとして日本での地位を確立、さらなる成長を続けています。

《ユーシービーグループについて》
ユーシービーグループ(www.ucb-group.com)は、ベルギーのブリュッセルに本社を置くバイオファーマおよび特殊化学品企業です。ユーシービーファーマは、中枢神経、アレルギー・呼吸器疾患、炎症および癌領域に特化しています。主要製品には、「Keppra(ケプラ)」(抗てんかん薬)、「Xyzal(サイザル)」「Zyrtec(ジルテック)」(抗アレルギー薬)および「Nootropil(ノートロピル)」(中枢神経系用薬)(いずれも商品名)などがあります。従業員は全世界で8,000名を超え、100カ国以上で活動を行っています。ユーシービーファーマの2003年の売上高は15億ユーロです。

《キッセイ薬品について》
キッセイ薬品(http://www.kissei.co.jp)は、「世界の人びとの健康に貢献できる独創的な医薬品を開発し提供する創薬研究開発型企業を目指す」を経営ビジョンとして掲げ、創薬研究重点領域(1.泌尿・生殖器、2.内分泌・代謝、3.免疫・アレルギー領域)における新薬の研究・開発と、マーケティング重点領域(1.泌尿器科、2.産婦人科、3.眼科、4.内科(生活習慣病領域))の強化を推進しています。
新薬の研究・開発の成果として、本年5月には速効型インスリン分泌促進薬「グルファスト®錠」を発売し、また6月には前立腺肥大症に伴う排尿障害改善剤「シロドシン(一般名)」の承認申請を行っております。


《ご参考》

シナロング®錠5、シナロング®錠10の概要
■製品名
持続性Ca拮抗降圧剤「シナロング®錠5」「シナロング®錠10」
■一般名
シルニジピン(Cilnidipine)
■効能・効果
高血圧症
■用法・用量
通常、成人にはシルニジピンとして1日1回5~10mgを朝食後経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。効果不十分の場合には、1日1回20mgまで増量することができる。ただし、重症高血圧症には1日1回10~20mgを朝食後経口投与する。
■組成・性状
「シナロング®錠5」は、1錠中にシルニジピンを5mg含有する。「シナロング®錠10」は、1錠中にシルニジピンを10mg含有する。「シナロング®錠」は、白色のフィルムコート錠である。
■薬価基準
「シナロング®錠5」46円60銭、「シナロング®錠10」86円30銭
■製造承認
平成7年9月
■発売
平成7年12月
■製造
ユーシービージャパン株式会社
■販売
キッセイ薬品工業株式会社(平成17年1月1日より)