一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2006年4月 6日

新規糖尿病治療薬「KGA」のグラクソ・スミスクライン社への技術導出契約締結のお知らせ

 キッセイ薬品工業株式会社(代表取締役社長 神澤陸雄)は、当社が創製した選択的SGLT1阻害薬(開発コード:KGA)についての独占的開発、販売権をグラクソ・スミスクライン社(本社:イギリス)に供与する契約を締結しましたのでお知らせ致します。

 本契約により、当社はグラクソ・スミスクライン社に対し、日本、韓国、中国、台湾を除く全世界におけるKGAの独占的開発及び販売権を供与し、同社より契約一時金、開発段階に応じたマイルストン及び製品販売に伴うロイヤルティーの支払いを受けることとなります。

 KGAはキッセイ薬品が創製したNa+-グルコース共輸送担体1(SGLT1)に対する選択的阻害薬であり、消化管からの糖の吸収を抑制し食後高血糖を改善する新規作用機序の糖尿病治療薬です。本剤は、各種糖尿病動物モデルにおいて食後高血糖改善効果が確認されており、新しいアプローチの糖尿病治療薬として期待されています。

 本剤の開発状況は、当社による非臨床試験の段階にあり、今後グラクソ・スミスクライン社が海外において臨床試験を実施し、権利保有国での承認、発売を目指すことになります。

 日本においては、平成17年に大日本住友製薬株式会社(旧 大日本製薬株式会社)とライセンス契約を締結しており、同社が本剤の臨床試験並びに国内での販売を行います。なお、当社は本剤の国内の事業化に関し、大日本住友製薬が実施する臨床試験に参画する権利と並行販売する権利を留保しています。

 なお、当社は平成14年に、グラクソ・スミスクライン社に対して、当社が創製した選択的SGLT2阻害剤(開発コード:KGT)の日本、韓国、中国、台湾を除く全世界における独占的開発、販売権を供与しており、現在同社によりKGTの臨床試験が実施されています。

 当社は、糖尿病などの代謝疾患の領域を重点領域の一つと位置付け新薬の研究開発に注力しています。また、海外売上規模の拡大を図るため、創製品のライセンスアウトによる国際展開を推進しています。



以上



≪ご参考≫

<グラクソ・スミスクライン社の概要>

■本社
イギリス ロンドン

■発足
2000年12月

■最高経営責任者
JP Garnier, Chief Executive Officer

グラクソ・スミスクライン社の詳細については、公式ウェブサイト(http://www.gsk.com/)をご参照ください。


SGLT1(Sodium-dependent Glucose Transporter 1)
糖の生体内での輸送にかかわる糖トランスポーターの一つ。小腸に多く存在しており、消化管での糖吸収の主要な役割を担う。SGLT1阻害薬は、SGLT1の働きを直接阻害して糖の消化管吸収を抑制することにより、食後高血糖を改善することが期待される。 α-グルコシダーゼ阻害薬は小腸の二糖類分解酵素を阻害し、二糖類の分解を抑制して食後の糖吸収を遅延させる。

SGLT2(Sodium-dependent Glucose Transporter 2)
糖の生体内での輸送にかかわる糖トランスポーターの一つ。腎臓に特異的に存在しており、腎臓での糖再吸収の主要な役割を担う。血中の糖は一旦腎臓でろ過され尿中に移行するが、このSGLT2が血液中に糖を戻す。飢餓に近い状態ではエネルギーの有効活用につながるが、糖尿病の状態では過剰な糖まで生体内に取り込むことになる。