一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2006年5月 8日

抗CD20ヒト化モノクローナル抗体医薬に関する共同開発・独占的販売契約締結のお知らせ

 キッセイ薬品工業株式会社(代表取締役社長:神澤陸雄)はバイオメディクス株式会社(代表取締役社長:中村徹雄)と、 バイオメディクス株式会社が開発を進めている抗CD20ヒト化モノクローナル抗体医薬に関する共同開発・独占的販売契約(オプション権付き)を 締結しましたのでお知らせいたします。
 本契約締結に伴い、当社はバイオメディクス株式会社に対して契約一時金及び開発段階に応じたマイルストーンを支払います。

 CD20抗原はBリンパ球に特異的に発現している分化抗原です。抗CD20ヒト化モノクローナル抗体は、Bリンパ球表面に発現しているCD20抗原に結合し、その細胞障害作用(補体依存性、抗体依存性細胞介在性、細胞死誘導)により、CD20陽性のB細胞性非ホジキンリンパ腫に対して抗がん作用を発揮します。またB細胞に起因する免疫性疾患であるリウマチに対しても有効性が示されています。CD20抗原はB細胞に特異的に発現しているため、その抗体が他の細胞に作用することはありません。

 当社は、泌尿・生殖器、内分泌・代謝、免疫・アレルギーを重点領域とし、これまで主に低分子医薬品を中心として研究開発活動を続けて参りましたが、将来有望なバイオ医薬の研究基盤構築にも着手しております。2005年には日本ケミカルリサーチ株式会社とエリスロポエチンの共同開発契約を締結し、バイオ医薬品事業の機会獲得への取り組みを進めています。当社は今後とも低分子医薬品及びバイオ医薬品の開発を行う創薬研究開発型企業を目指します。今回その一環として、バイオメディクス株式会社と抗CD20ヒト化モノクローナル抗体医薬について契約を締結したものです。



以上



≪ご参考≫

<バイオメディクス株式会社の概要>

■商号
バイオメディクス株式会社

■主な事業内容
医薬品の開発及び販売

■設立年月日
平成15年(2003)年10月

■本店所在地
東京都文京区後楽1丁目1番10号

■代表者
代表取締役社長 中村 徹雄

■資本の額
1億2100万円

■従業員数
8名