一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2009年4月 2日

前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬「ユリーフ®」のアセアン諸国、インド、スリランカにおけるライセンス契約締結について

キッセイ薬品工業株式会社
エーザイ株式会社



 キッセイ薬品工業株式会社(本社:長野県松本市、社長:神澤陸雄、以下「キッセイ薬品」)とエーザイ株式会社(本社:東京都、社長:内藤晴夫、以下「エーザイ」)は、このたび、キッセイ薬品が創製した前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬「ユリーフ®」(一般名:シロドシン)に関して、アセアン10ヵ国ならびにインドおよびスリランカを対象としたライセンス契約を締結しました。今回の契約締結により、エーザイは、キッセイ薬品より対象国における「ユリーフ®」の独占的開発・販売権を取得することになります。

 「ユリーフ®」は、キッセイ薬品が創製した選択的α1A受容体遮断薬であり、主に前立腺に存在するα1A受容体を遮断することにより、前立腺の緊張を緩和して尿道抵抗を改善し、前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善します。既存薬に比べ効果の発現が早く、尿が出にくいなどの排尿症状と、頻尿や尿が我慢できないなどの蓄尿症状の両症状を改善する特長があります。日本では2006年に発売され、海外では昨年4月に韓国で承認されたほか、米国では昨年10月に承認され、現在発売に向けた準備が進められています。また、欧州では昨年11月に、中国では昨年12月にそれぞれ承認申請されています。

 キッセイ薬品は、自社創製品のライセンスアウトによる国際展開を進めています。今回、「ユリーフ®」について新たな地域を対象にエーザイとライセンス契約を締結することにより、より多くの方の排尿に関するQOLの改善に貢献できるものと期待しております。

 エーザイは、アルツハイマー型認知症治療剤「アリセプト®」やプロトンポンプ阻害型抗潰瘍剤「パリエット®」の販売により、アセアン諸国やインドにおいてそのプレゼンスを高めています。エーザイは、今後も自社品に加え、地域特性に合致した戦略的な製品ラインナップの拡充も積極的に展開していきます。

 今後、キッセイ薬品とエーザイは、対象国において「ユリーフ®」を1日も早く提供することを目指し、患者価値の向上を果たしてまいります。

 なお、両社は、キッセイ薬品が創製した速効型インスリン分泌促進薬「グルファスト®」に関しても、2007年にアセアン10ヵ国および中国を対象とした独占的開発・販売に係るライセンス契約を締結しています。本剤については、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイにおいて現在エーザイが承認申請中です。


以上