一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

FAQ

  • Q.瘢痕(はんこん)とは何ですか?
  • A.瘢痕とは傷あとのことです。
  • Q.なぜ瘢痕ができるのですか?
  • A.ケガをしたところが治るとき、切れた皮膚や組織がくっついたり、失った部位を埋めたり接着剤のような役割をしているものが瘢痕です。つまり瘢痕ができないと傷はくっつかず治らないことになります。
  • Q.通常の傷の治り方は?瘢痕を残さず治すことは出来ないのでしょうか?
  • A.皮膚だけが傷害されている浅い傷の場合は、傷の周辺の皮膚の細胞が増殖して再生されます。皮膚の下(筋肉)までに及ぶ深い傷の場合は、瘢痕組織が傷を埋めるように作られ、その表面に皮膚が再生されていきます。このような場合傷を埋めたり、くっつけたりしているものが瘢痕ですので瘢痕を作らずに傷を治すことは出来ません。ただし、傷あと(瘢痕)が目立つようになるか、目立たずにすむかは別ですので、できるだけ目立たないように治すことが重要です。
  • Q.肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)やケロイドとは何ですか?
  • A.ケガや傷を治すときに必要な線維芽細胞やコラーゲンといった接着剤が多く出すぎてしまい、盛り上がってしまうものが肥厚性瘢痕やケロイドと呼ばれる状態です。
    外見上の盛り上がりや赤みのほかに、痒みや痛みを伴うことがあります。
  • Q.ケロイドと肥厚性瘢痕はどう違うの?
  • A.一般にケロイドという用語は良く知られていますが、肥厚性瘢痕という用語は聞きなれない人が多いのではないでしょうか。一般にケロイドと思われているものの多くは、医学的には肥厚性瘢痕といわれるものです。
    この二つの正確な区別は難しく、ほとんど傷などがないのに盛り上がってきたり、傷の範囲を超えて周りの正常な皮膚へ向かって次第に広がったりするものをケロイド、傷の範囲内で盛り上がっているものが肥厚性瘢痕というように分けられています。どちらも赤く盛り上がったり、硬くひきつったようになったり、痛みや痒みなどを伴います。ケロイドはなかなか治療に反応しない場合が多く、肥厚性瘢痕は比較的治療に反応し易く、半年から1年位でピークに達してその後、自然に良くなるという特徴があります。
  • Q.ケロイドや肥厚性瘢痕はどうしてできるの?
  • A.傷の接着剤として出てくる、線維芽細胞やコラーゲンといったものが瘢痕の成分です。これが出すぎてしまうと傷あとが盛り上がってしまい、肥厚性瘢痕やケロイドと呼ばれるものになります。肥厚性瘢痕は、傷の治りが遅れたり、傷を引き離そうとする力が働いたりすることでできると考えられています。ケロイドの場合は体質や人種差などにも影響されます。
  • Q.ケロイドができやすい体質があるのでしょうか?
  • A.ケロイド体質というものが大きく影響していると言われています。ケロイド体質には人種差があり、有色人種のほうが白人よりもケロイドになりやすく、黒人は最もケロイドになりやすいといわれています。
  • Q.ケロイドや肥厚性瘢痕の治療法にはどんなものがありますか?
  • A.痒みや痛みに対して、外用薬(塗り薬、貼り薬)や内服薬が効果を示します。また、肥厚性瘢痕の盛り上がりやこわばりに対しては、弾力包帯やスポンジなどによる圧迫固定、手術による除去や早期からの内服薬投与が行われます。ケロイドにも内服薬やステロイドの局所注射などが使われることがありますが、高い効果は期待できません。いずれもすぐに効果は得られないことが多く、少なくとも数カ月から2~3年程度は根気よく治療を続ける必要があります。
  • Q.体の部位によって傷あとが大きくなりやすい場所があるのでしょうか?
  • A.ケロイドには、好発部位(できやすい場所)というものがあります。主な好発部位は、前胸部(胸の中央部)、耳垂部(耳たぶ)、上腕部~肩甲部(肩や肩甲骨のあたり)、恥骨上部などです。
  • Q.ケロイドや肥厚性瘢痕の症状は?
  • A.痒み・痛みを感じたり、異常な赤みがあったり、盛り上がりが徐々に増大するといった症状がみられます。また、関節部位ではかたく、こわばることがあります。
  • Q.手術あとや傷あとがだんだんと目立つようになり(盛り上がり)だした!?
  • A.肥厚性瘢痕かもしれません。肥厚性瘢痕はできてしまってから治療することも可能ですが、早い段階からできるだけ盛り上がらないようにすることが重要です。早めに医師に相談し、治療することをおすすめします。
  • Q.手術あとが気になりますが、誰でも同じなのでしょうか?
  • A.手術や傷のあとは、色々な条件により目立ったりあまり目立たなく治ったりします。同じ人でも手術をした部位や手術の傷の方向、傷の縫い方やその後の傷の扱い方などで、肥厚性瘢痕などを生じる場合がありその程度もまちまちで、個人差があります。
  • Q.傷あとが赤くて痛いのですが、自然に良くなるのでしょうか?
  • A.傷の治癒過程で、正常でも少し赤みが出るとか、痛いといった場合があります。しかし、そういった時期はそれほど続くものではありません。手術などで縫った傷あとの場合は、最初2~3日くらい軽い炎症により腫れや赤み、痛みなどが見られ、1カ月くらいは痛みや赤みが残ることもあります。通常はその後白い瘢痕となります。この時赤みや痛みなどの症状が、1カ月を超えて続くような場合には、傷の治癒の遅れや肥厚性瘢痕の発症の可能性があり、次第に盛り上がってくる場合もあります。早めに医師に相談し、適切な治療を受けることが望まれます。
  • Q.3年前に肩のしこりを切除しました。傷あとが赤く腫れ上がり、痒みや痛みが出ています。医師には真性ケロイドといわれましたが、どのように治療するのですか?
  • A.傷が赤く目立つものを、広くケロイドと呼びますが、医学的には「肥厚性瘢痕」と「真性ケロイド」の2つに区別されます。肥厚性瘢痕は、治療や時間の経過とともにある程度は治まります。これに対し、真性ケロイドは元の傷の範囲以上に大きくなり、放置して治ることはありません。見た目と共に、痒みや痛みが問題となります。
    真性ケロイドは大きくなりやすく、治療は非常にやっかいです。治療は内服薬、ステロイドの軟膏(なんこう)や注射、患部固定や圧迫を組み合わせます。これらを根気良く続けることが必要です。
  • Q.傷あとが気になりますが、どこで相談すれば良いのでしょうか?
  • A.傷あとを診療する専門科として形成外科があります。病院や大学病院の形成外科で相談するのが良いと思います。
  • Q.形成外科とは聞きなれませんが、どんなことをするところですか?
  • A.形成外科は「外科系診療科」の専門分野のひとつです。主として、生まれつきの外表異常あるいはけがや病気で損なわれた機能回復とそれによるQOL(QualityOfLife:生活の質)の向上を目的としています。
  • Q.傷は消毒しないほうが良いといわれましたが、本当ですか?
  • A.本当です。普通の消毒では細菌などを完全に殺すことができません。また、傷に消毒薬を塗ることで傷の面の細胞が傷害され、傷が治りにくくなり、傷あとが目立つ原因になることもあります。
  • Q.かさぶたは、傷が治るときにできるものですか?
  • A.かさぶたは傷を乾燥させるとできます。しかし、傷が正常に治る過程で、かさぶたは必要ありません。かさぶたは傷の治りを遅らせ、正常な治癒を妨げる原因にもなります。正常に傷が治るために、傷は乾燥させないように、湿潤環境を保つことが重要です。
  • Q.傷あとを目立たなくするためにはどうしたら良いのでしょうか?
  • A.傷を正しく早く治すことが大事です。傷の治りが遅れると傷あとが目立ちやすくなる原因となります。また、手術の際に傷が開こうとするのを抑える目的の縫い方もあります。抜糸後もテープを貼るなどで対応します。赤みや痛みが1ヶ月以上続くような場合には、薬の服用を含め、早めの治療が重要です。
  • Q.ケガや火傷をしてしまいました。あとが残ってしまうのでしょうか?
  • A.全く傷あとを残さず治すことは不可能です。傷や火傷の程度や部位などによっても違いますが、適切な治療を行うことで、できるだけ目立たないように治すことが重要です。また、できてしまった肥厚性瘢痕も後で治療できますが、やはり肥厚しないようにすることが一番です。形成外科の医師の診察を受けることをおすすめします。
  • Q.新しい切り傷や損傷による傷あとを残したくないときは、いつ形成外科へ行けばいいのですか?
  • A.顔や手足のような露出部位に傷を受け、その傷あとを残したくない場合は、できるだけ早く形成外科へ行きましょう。最近は各地に形成外科がありますので、直接形成外科に行くことをおすすめします。もし、全身症状が良くなかったり、止血ができない場合は、いったん救急病院で手当てを受けた後、形成外科医に相談してください。形成外科では、独特な処置や方法を用いて、傷を目立たなくする方策がとれますし、適切なアドバイスも受けられます。
  • Q.家庭で行う傷の手当ては、どうすればよいのでしょうか?
  • A.ちょっとしたすり傷や切り傷などは普通に家庭で治療されていると思いますが、そのような場合には、まず傷を水道水でよく洗い異物や汚れを取り去ります。出血があれば止血用の絆創膏で止血をし、止血されている状態で市販の被覆材(ハイドロコロイド製品)などで傷が乾燥しないように覆います。かぶれることがありますので毎日取り換えたほうが良いようです。その都度傷や周りの皮膚を水道水で洗い、水を拭き取り貼り換えます。これを傷が治るまで続けます。 自分で治療できない傷や、被覆材でかぶれてしまった場合には、医師の治療が必要です。
  • Q.傷あとの治療に、健康保険が使えますか?
  • A.傷あとが盛り上がったりして目立つ場合は肥厚性瘢痕やケロイドという診断がつく場合がありますので保険診療の対象となります。

監修

川崎医科大学形成外科学教室 教授 森口隆彦 先生

監修者の所属及び肩書きは監修当時のものです。

作成:2004年