一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

尿の出具合チェック

前立腺肥大症の進行状況は、国際前立腺症状スコア(I-PSS:International prostate symptom score)とQOL(Quality of Life)スコアという質問票を用いてチェックすることができます。

国際前立腺症状スコア(I-PSS)

※この質問票は医療機関を受診される際の参考にしていただくもので、医師の診察に代わるものではありません。
正確な診断は、医師の問診や、前立腺の大きさ、尿の出る速さ等を調べた結果とあわせて行われます。
※点数が低くても、尿閉(尿が全く出なくなること)を何度も繰り返すときは重症と評価される場合など例外もあります。
合計点の高い低いにかかわらず、症状に気になる点がある方は早めに医療機関にご相談ください。

0~7点

前立腺肥大症はそれほど進んでいないと思われます。特に治療をしないで経過をみていくケースが多いのですが、7つの症状のうちどれか一つでも点数が高い項目がある場合は、検査を受けた上で治療が行われることもあります。気になる症状のある方は一度医療機関に相談すると安心です。

8~19点

前立腺肥大症が少し進んでいるかもしれません。多くの場合、前立腺の大きさや尿の出る速さを調べる検査を受けて、治療が行われます。早めに医療機関に相談されるとよいでしょう。

20点以上

前立腺肥大症がかなり進んでいるかもしれません。尿閉(尿が全く出なくなること)や腎臓の病気になる前にきちんと診察を受けて治療しましょう。

QOLスコア

※この質問票は医療機関を受診される際の参考にしていただくもので、医師の診察に変わるものではありません。
正確な診断は、医師の問診や、前立腺の大きさ、尿のでる速さ等を調べた結果と合わせて行われます。
※点数が低くても、尿閉(尿が全く出なくなること)を何度も繰り返すときは重症と評価される場合など例外もあります。
合計点の高い低いにかかわらず、症状に気になる点がある方は早めに医療機関にご相談ください。

監修

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 手術・集中治療部 部長 吉田 正貴 先生

2017年改訂