一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

代表的な7つの症状

前立腺肥大症の代表的な症状は7つです。
心当たりがある方は前立腺肥大症の可能性があります。

代表的な7つの症状

1.排尿後も残っている感じがする:残尿感

おしっこをした後におしっこがまだ残っている感じがしてスッキリしない症状です。

2.昼間、トイレが近い:昼間頻尿

昼間おしっこをした後、2時間もたたない内に再び尿意をもよおす症状です。

3.排尿中、尿が途切れる:尿線途絶

おしっこの出方が途切れ途切れの状態を呈する症状です。

4.尿をガマンできない:尿意切迫感

膀胱におしっこがあまりたまっていないにもかかわらず、ガマンできない強い尿意を急に感じる症状です。
時にはガマンできずにおしっこをもらしてしまうこともあります(切迫性尿失禁)。

5.尿の勢いが弱い:尿勢低下

おしっこの出方に勢いがなく、以前のように放物線を描かなくなった症状です。

6.排尿にお腹の力を要する:腹圧排尿

おしっこをするとき、お腹に力を入れなければ出ないような症状です。

7.夜中、トイレが近い:夜間頻尿

おしっこをするために夜中に何度も起きなければならない症状です。

その他の症状
7つの症状のほかにも、次のような症状が出ることがあります。

  • ・おしっこを出そうと構えてから出るまでに時間がかかる:排尿遅延(遷延性排尿)
  • ・おしっこが少しずつしか出ないため、出し終わるまでに時間がかかる:ぜん延性排尿
  • ・急におしっこがしたくなり、ガマンできずにもらしてしまう:切迫性尿失禁
  • ・おしっこが飛び散る:尿線分割・尿線錯乱
  • ・おしっこが出せなくなり、残尿が増え、少しずつもれる:溢流性尿失禁
  • ・おしっこが出ない:尿閉
  • ・おしっこが終わった後、しばらくしておしっこがポタポタ落ちる:排尿後滴下

尿がでるしくみ

泌尿器とは

尿の役割は体の中の余分なものを体の外に出すことです。尿をつくり排出する器官(腎臓・尿管・膀胱・尿道)を総称して泌尿器といいます。体をめぐってきた血液は、腎臓で老廃物を取り除かれ、一部が尿になります。尿は尿管を通って膀胱にためられ、ある程度の量になったら尿道から排出されます。「尿をためる」「尿を出す」というはたらきは、自律神経によって膀胱の筋肉(膀胱平滑筋)と尿道の筋肉(尿道括約筋)が巧妙に調節されて行われます。

尿をためる:蓄尿

膀胱が尿をためているとき、膀胱平滑筋はゆるみ、尿が入る容量は大きくなっています。同時に尿道括約筋が縮まることで尿道が閉じるので、通常は尿のもれる心配はありません。膀胱がためることができる尿の量は300~500mLです。

尿を出す:排尿

膀胱にある程度の尿がたまってくると、膀胱平滑筋が縮むことで、尿を押し出します。このとき尿道括約筋がゆるめられ尿道が開くことで尿は出て行くのです。

監修

国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 手術・集中治療部 部長 吉田 正貴 先生

2017年改訂