人材育成について知る

キッセイの人材育成ポリシー

人材の育成には「本人の学びたい、成長したいという意思」と「管理者の育てたい、育てるんだというマインド」、そして「会社からの社員、管理者への期待(投資)」という3つの心理(ピース)が存在し、その3ピースが調和することで、有機的な人材育成が進められるようになります。

キッセイ薬品では「自立型人材の育成」をメインビジョンとして掲げ、三者間の関係性を高めながら、「自ら考え、行動できる」社員の育成に取り組んでいきます。

能力・キャリア開発面接制度
(キャリアドック制度:CD)

社内キャリアの節目節目に、今後の能力開発やキャリア形成の展望について上司と意見交換する機会を設けています。その時点における能力や実績、経験を棚卸しして振り返ることで気づきを促し、また、自身の将来像を思い描き、そのビジョンを実現させるために取り組むべきことを明確にしていくことで、より“いきいき”と仕事に取り組める主体的なキャリア開発を促進します。

自己申告

自身が描くキャリアビジョン(「どんな仕事がしたいか」「どの地域で働きたいか」など)を年1回、会社に伝える制度です。当制度と会社の人材育成方針とを連動させ、ジョブローテーションが行われていきます。

選抜教育

同じカテゴリーの社員に対して共通に実施する職種別・階層別教育に加えて、「もっと見識を高めたい、もっと深い知識を身につけたい」といった成長欲求の高い社員に対して実施する教育も行っています。「医療制度」「マーケティング」「専門語学」といった様々なテーマを取り上げ、少人数で濃密な研修を行い、担当業務への活用を図っています。

人材育成体系