教えて!おしっこに関するQ&A

患者さんがおしっこに関するお悩みになることに専門家がお答えします。

【執筆・監修】谷口 珠実 先生

(山梨大学大学院総合研究部医学域 健康・生活支援看護学講座 大学院排泄看護学教授)

治療に関するQ&A

50代男性です。40歳を超えてから、だんだんトイレが近くなってきました。また、トイレに行った後、スッキリしない感じが残るようになりました。これは何かの病気でしょうか?

トイレが近くなって何度も排尿することを「頻尿」と呼びます。また、トイレに行った後にスッキリしない感じが残る「残尿感」があるようですので、排尿しても膀胱の中に尿が残っている状況が考えられます。

頻尿や残尿感の原因はさまざまですが、前立腺肥大症や神経の問題があって膀胱の収縮が弱くなっていることなどが考えられます。適切に治療すれば、お悩みの症状は改善する場合もあります。気になる症状があったら、一度、泌尿器科を受診してみましょう。

詳細な解説もご覧ください。

頻尿の原因/前立腺肥大症

男性特有の頻尿の原因としては、加齢などで前立腺が肥大することで、膀胱の出口や尿道が狭くなって起こる場合などが挙げられます。また、男女共通のものには、過活動膀胱(突然の強い尿意切迫感で、突然トイレに行きたくなり、行かないと漏れそうになる、もしくは漏れてしまう病気のこと)や尿路感染(膀胱炎や前立腺炎)などが挙げられます。そのほかにも、水分の摂りすぎや心因性ストレスなどの日常生活が影響していたり、持病の治療で利尿薬などのお薬を服用されている場合には、その作用が原因となったりしていることもあります。

日常生活や持病などに思い当たるふしがなく、突然トイレにいきたくなり我慢できないような症状がない場合には、男性の場合は前立腺肥大症に伴う症状がないか、 国際前立腺症状スコア(I-PSS)を用いてチェックしてみましょう (詳細は「尿の出具合チェック 前立腺肥大症」のページをご参照ください)。

一般的には、I-PSSスコアが0~7点だと「軽症」、8~19点だと「中等度」、20点以上だと「重症」と考えられています。前立腺肥大症は命に直結する病気ではありませんが、日常生活にさまざまな影響を及ぼします。また、「歳のせいだから…」とあきらめずにきちんと治療することで、お悩みの症状は改善する場合があります。重症度に関係なく、気になる症状がある人は、早めに泌尿器科を受診しましょう。

前立腺肥大症については、「―排尿トラブルを起こす男性の病気― 前立腺肥大症」のページをご参照ください。

排尿してもスッキリしない「残尿感」

また、トイレに行った後に「尿が残った感じ」がある場合には、膀胱内に尿が残っていないかどうか、あるとしたらその尿量(残尿量)はどのくらいなのかを確認しておくことも大切です。
残尿が多いと、そのあとは尿が少し溜まると膀胱が満杯になってしまうため、またすぐにトイレに行きたくなりますし、膀胱内に尿がいつも残っている状態ですと尿路感染を起こしやすくもなります。

医療機関では、超音波(エコー)機器を下腹部に当てて、排尿後に膀胱内に残った尿を測定することができます。

残尿の状況によっては治療が必要な場合もありますので、トイレに行った後、スッキリしない感じがしたら泌尿器科の医師にご相談ください。