一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2004年2月25日

新規切迫早産治療剤「KUR-1246」のメディシノバ社への技術導出契約締結のお知らせ

 キッセイ薬品工業株式会社(代表取締役社長 神澤陸雄)は、当社が創製した選択的β2アドレナリン受容体刺激剤(開発コード:KUR-1246)についての独占的開発、販売権をメディシノバ社(MediciNova, Inc.、本社:アメリカ)に供与する契約を2月25日付けにて締結しましたのでお知らせ致します。

 本契約により、当社はメディシノバ社に対し、日本を除く全世界における「KUR-1246」の独占的開発及び販売権を供与し、同社より契約金、マイルストンペイメント及び製品販売に伴うロイヤルティーの支払いを受けることとなります。

 KUR-1246は子宮平滑筋に存在するβ2アドレナリン受容体を選択的に刺激し、子宮の収縮を抑制することにより早産を防止する薬剤です。本剤は既存薬に比べてβ2アドレナリン受容体に対する選択性が極めて高いことから、β1等他のβアドレナリン受容体を刺激することによる動悸、頻脈などの副作用を低減でき、より使用しやすい薬剤になる可能性を有しています。

 当社は、産婦人科領域を重点領域の一つと位置付け新薬の研究開発、販売に注力しています。KUR-1246の開発に加え、現在、切迫流・早産治療剤「ウテメリン」、更年期障害・閉経後骨粗鬆症治療剤「エストラダームM」並びに子宮内膜症治療剤「ゾラデックス1.8mgデポ」を販売しております。

 また、当社では近年のβアドレナリン受容体の組織分布・機能解析及び創薬研究の結果、KUR-1246の他、β3アドレナリン受容体刺激剤「KUC-7483」、β2・β3アドレナリン受容体刺激剤「KUL-7211」を創製しております。
 KUC-7483は、膀胱に存在するβ3受容体を選択的に刺激し、膀胱を弛緩させ蓄尿機能を高めることにより、頻尿・尿失禁を治療するという新しい作用機序を有します。本剤は平成14年にベーリンガーインゲルハイム社(ドイツ)に技術導出しており、現在同社により欧州において開発が進められています。また、KUL-7211は、尿管平滑筋のβ2及びβ3アドレナリン受容体を選択的に刺激し、尿管を弛緩させることにより、尿管結石患者における疝痛を緩解する新規尿管結石治療剤として開発中です。



以上



≪ご参考≫

<メディシノバ社(MediciNova, Inc.)の概要>

 メディシノバ社は新薬候補化合物を導入し、欧米を中心に開発を行うベンチャー企業です。現在抗癌剤、喘息用剤などの新薬の開発をCROなどの外部資源を効率的に活用し進めています。

■本社
アメリカ カリフォルニア州

■設立
2000年9月

■代表取締役社長
清泉 貴志

■従業員数
10人(この他、各種領域の専門家を契約社員として16名有する。)

■URL
http://www.medicinova.com/

β2アドレナリン受容体
 生体内に存在し、アドレナリンなどに反応する受容体の一つです。受容体の性質によりαとβの二種類に分類され、さらにβアドレナリン受容体にはβ1、β2、β3の三種類が知られています。このうち、子宮平滑筋に多く存在し、子宮の弛緩と関連している受容体がβ2アドレナリン受容体です。