一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

研究開発について

健康と幸福は、世界の人びとの共通の願いです。

キッセイは、「純良医薬品を通じて社会に貢献する」「会社構成員を通じて社会に奉仕する」との経営理念のもと、人びとの健康に貢献できる独創的新薬の研究開発に挑戦してまいりました。
「研究開発なくして製薬企業にあらず」。創立当初からキッセイに受け継がれているこの言葉は、研究開発がキッセイのバックボーンであることを示すとともに、「新薬により、一人でも多くの人たちが病気の苦しみから立ち直り、一日でも早く笑顔と喜びに満ちた日々を送れるように」との社員一人ひとりの新薬創造への熱い思いが込められています。生命科学の目覚しい進歩は、人びとの健康と幸福に大きく貢献してきました。しかし、未だ治療法の確立していない疾患や治療満足度の低い疾患は多く、有用性の高い新しい治療薬が求められています。
キッセイは、これからも生命科学の進歩を常に取り入れ、研究開発力を強化し、創薬に挑戦し続けることにより、イノベーションの成果としての優れた医薬品を世界の人びとに提供してまいります。

研究開発領域

キッセイの研究・開発領域は、泌尿器、腎・透析、代謝・内分泌、婦人科、眼科などのマーケティング領域、中枢神経系、Unmet Medical Needs(UMN)などの新規参入領域及びバイオロジクス領域です。これらの領域に経営資源を重点的に投下して新薬の研究開発に注力しています。
長年の研究開発を経て発売した選択的α1A遮断薬「ユリーフ」は、投与早期から前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善。患者さんのQOL向上に貢献する新しい治療薬として高く評価されており、現在、日本をはじめ、米国、欧州等で発売されています。
キッセイ発の新薬が世界の患者さんに提供されることを願い、研究者は今日も新薬の研究に情熱を注ぎます。

提携について

当社は、病に苦しむ患者さんに純良医薬品を提供するために、「創薬研究開発型企業」として一貫して創製品の研究開発に注力すると共に、国内外の製薬企業およびバイオベンチャー企業との積極的な提携を行っております。各種提携に関わるお問い合わせは、下記までご連絡ください。

キッセイ薬品工業 東京本社(日本橋)  事業開発部

メールアドレス bd_kissei@pharm.kissei.co.jp