一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013

ニュースリリース一覧に戻る

その他

2008年3月 3日

唾液や涙が出にくくなる「シェーグレン症候群」に関する情報提供ウェブサイト キッセイ健康劇場『近ごろ「かわき」が気になる方へ』開設のお知らせ

 キッセイ薬品工業株式会社(代表取締役社長 神澤陸雄)は、本日、当社ウェブサイト内の健康情報提供サイト「キッセイ健康劇場」に、新たに『近ごろ「かわき」が気になる方へ』を開設しましたのでお知らせいたします。

 近年、口の中がかわく「ドライマウス」、目がかわく「ドライアイ」などの乾燥症状を訴える方が増加しています。乾燥症状は、加齢やストレス、薬の副作用など様々な原因により起こりますが、「シェーグレン症候群」という病気が原因になっていることがあり、注目されています。

 シェーグレン症候群は、唾液や涙をつくり出している唾液腺や涙腺などの外分泌腺に慢性的な炎症が起こる病気で、自己免疫疾患(免疫システムに異常が起こり、自分の正常な組織を攻撃してしまう病気)の一つです。
 唾液腺や涙腺の働きが低下し、唾液や涙が出にくくなることで、口のかわきや目のかわきなどの乾燥症状があらわれ、QOL(生活の質)が著しく低下します。
 シェーグレン症候群は、40~60代の女性に多く見られる疾患で、患者さんの数は近年増加しておりますが、病気を知らない、あるいはシェーグレン症候群であることに気づいていない潜在患者さんが非常に多いといわれています。

 『近ごろ「かわき」が気になる方へ』では、ドライマウス、ドライアイなどの乾燥症状やシェーグレン症候群の症状、診察、診断・検査、治療、日常生活での心がけなどについて、イラストを用い分かりやすく解説しています。また、ドライマウス、ドライアイのチェックシートもご用意しています。

 本サイトは日本語ドメイン名の「かわき.JP」を取得しております。当社ウェブサイト(URL http://www.kissei.co.jp/)からご覧いただけるほか、日本語ドメイン名に対応したインターネットブラウザのアドレスバーに「http://かわき.jp」と入力いただければ、簡単にアクセスいただくことができます。


http://かわき.jp


 当社は、口腔乾燥症状改善薬「サラジェン錠」を開発、販売しており、本サイトは、乾燥症状やその原因であるシェーグレン症候群について、広く一般の方々に正しく理解いただくことを目的に開設したものです。


〔監修〕
筑波大学大学院 人間総合科学研究科先端応用医学専攻臨床免疫学 膠原病リウマチアレルギー内科 教授 住田孝之先生
慶應義塾大学 医学部眼科学教室 教授 坪田一男先生
鶴見大学 歯学部口腔病理学講座 教授 斎藤一郎先生 


以上



≪ご参考≫

〔コンテンツ〕
第1幕 体がかわく「ドライシンドローム(乾燥症候群)」
・ ドライシンドロームとは?
・ ドライマウス(口の渇き)
・ ドライアイ(目の乾き)
・ ドライスキン(肌の乾き)
・ ドライバジャイナ(膣の乾き)
  
第2幕 口や目がかわく病気「シェーグレン症候群」とは?
・ 口や目がかわくし、なんだか疲れやすい・・・【症状】
・ どうして唾液や涙が出にくくなるの?【原因】
・ "シェーグレン"という病名の由来【歴史】
・ 患者さんの傾向【疫学】
  
第3幕 シェーグレン症候群が疑われたら
・ 医療機関ではまず何をするの?【診察】
・ どのような検査があるのかしら?【診断・検査】
・ 治療はどのように行われるの?【治療】
・ 何に気をつければいいの?【日常生活での心がけ】
・ 社会的サポート
  
ドライマウスチェックシート
ドライアイチェックシート
  

〔キッセイ健康劇場について〕
「キッセイ健康劇場」は、当社医薬品に関連する疾患の情報を一般の方々に分かりやすく提供することを目的に平成14年4月に開設しました。
母娘で知ろう女性のからだ」(平成14年4月開設)では、出産、子宮内膜症、更年期障害、骨粗鬆症、婦人科検診について、「傷あとが気になる方へ」(平成16年10月開設)では、傷あと、肥厚性瘢痕、ケロイド、傷の手当てなどについて、また、「おしっこで困っている男性の方へ」(平成19年3月開設)では、尿が出るしくみ、前立腺肥大症、排尿障害の症状、医療機関での検査や治療方法などの情報を提供しております。