一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

CSR活動

キッセイの想い。

  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015

ニュースリリース一覧に戻る

医薬品

2019年9月19日

男性における夜間多尿による夜間頻尿治療薬「ミニリンメルト®OD錠25µg、同OD錠50µg」新発売のお知らせ

フェリング・ファーマ株式会社
キッセイ薬品工業株式会社


 フェリング・ファーマ株式会社(本社:東京都港区、CEO 代表取締役:マーク・ノグル、以下「フェリング」)とキッセイ薬品工業株式会社(本社:長野県松本市、代表取締役会長兼最高経営責任者:神澤陸雄、以下「キッセイ薬品」)は、「ミニリンメルトOD錠25µg、同OD錠50µg」(一般名:デスモプレシン酢酸塩水和物、以下「本剤」)について、フェリングが9月20日に新発売いたしますので、お知らせします。

 本剤につきましては、本年6月にフェリングが国内で初めて、「男性における夜間多尿による夜間頻尿」の適応症で国内製造販売承認を取得しました。同月、フェリングとキッセイ薬品は、コ・プロモーション契約を締結し、共同で医療機関等への医薬情報提供活動を行っております。なお、本剤の製造、販売、流通はフェリングが行います。

 本剤は、腎集合管のバソプレシンV2受容体に作用し、水の再吸収を促進することで抗利尿作用を示します。海外では、2012年にカナダにおいて承認されて以降、これまでに30ヵ国以上で承認されています。

 フェリングとキッセイ薬品は、両社の重点領域である泌尿器領域における本剤のコ・プロモーションを通じ、「男性における夜間多尿による夜間頻尿」に悩まれている患者さんのQOL(生活の質:Quality of life)の向上に貢献できるよう努めてまいります。

以上

《製品概要》
販売名:ミニリンメルトOD25µg、同OD50µg
一般名:デスモプレシン酢酸塩水和物
効能・効果:男性における夜間多尿による夜間頻尿
用法・用量:成人男性には、通常、1日1回就寝前にデスモプレシンとして50µgを経口投与する。
薬価:ミニリンメルトOD25µg 159.50円、同OD50µg 1100.00
包装:ミニリンメルトOD錠25µg 100錠(10錠×10)、同OD錠50µg 100錠(10錠×10)
薬価基準収載日:2019年9月4日
発売日:2019年9月20日
製造販売元:フェリング・ファーマ株式会社
販売提携:キッセイ薬品工業株式会社

《ミニリンメルトOD錠25µg、同OD錠50µg 製品写真》
MMOD25.jpgMMOD50.jpg


《夜間多尿および夜間頻尿について》

 夜間多尿は「24時間の尿量のうち、夜間尿量の割合が多い状態」とされ、夜間頻尿は「夜間に排尿のために1回以上起きなければならないという訴えであり、そのことにより困っている状態」と定義されています。また、夜間の排尿回数が2回以上になるとQOLに障害を起こしやすくなるため臨床的に問題となり、治療の対象になることが多いとされています。

※夜間頻尿診療ガイドライン.第1版,2009 日本排尿機能学会 夜間頻尿診療ガイドライン作成委員会 編

男性における夜間多尿による夜間頻尿治療薬「ミニリンメルト®OD錠25µg、同OD錠50µg」新発売のお知らせ 【PDF/421.1 KB