一般・患者さん・ご家族の皆さま

医療関係者の皆さま

株主・投資家の皆さま

ニュースリリース

企業情報

研究開発活動

サステナビリティ

キッセイの想い。

  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2021
  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017

社会との関わり

キッセイ薬品は、1946年(昭和21年)に信州・松本の地で創業してから現在に至るまで、地域社会とのつながりを大切にし、郷土に根ざした企業であり続けたいと願う社風が息づいています。「人びとの健康で豊かな暮らしのお手伝いを」という信念から、良き企業市民として、地域文化、医療、健康、福祉、環境、スポーツなどの分野で社会貢献活動を続けています。

1.医療・健康への貢献

公益財団法人 神澤医学研究振興財団

キッセイ薬品は、1997年に財団法人神澤医学研究振興財団(2010年(平成22年)公益財団法人に移行)を設立しました。当財団は、周産期を中心とするリプロダクティブ・エイジ及び高・老年期の女性に生じる各種疾患に関する成因、予防、診断、治療等への多角的な研究の奨励等により、医療・医学の発展を図り、国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的として事業を実施しています。キッセイ薬品は、財団の活動を通じて医療の発展に貢献してまいります。

公益財団法人 神澤医学研究振興財団

信毎健康フォーラム

当社は、信濃毎日新聞社及び信毎文化事業財団が主催し、長野県下において開催される「信毎健康フォーラム」に協賛しています。
本フォーラムは、信州大学医学部などの専門の先生方が、糖尿病、高血圧、メタボリックシンドロームなど、人びとの関心の高いテーマについて、一般の方々を対象に、講演やパネルディスカッションを通じて日常生活に役立つ健康知識を分かりやすく提供するものです。
当社は、人びとの健康の保持・増進に資することを目的に、1994年開催の第1 回目から協賛しており、2019年12月には節目となる第100回目の開催を迎えた歴史のある市民向け講座です。
なお、2020年以降はコロナ禍により開催が見送られています。

2.福祉への貢献

児童福祉施設への寄付

2006年より本社・松本工場及び塩尻工場およびヘルスケア事業センターで開催する文化祭での募金活動やチャリティーバザーの収益金等を児童福祉施設「松本児童園」に寄付しています。2020年度は新型コロナウイルス感染防止のため文化祭は開催せず、リモートイベントなどの収益金や募金活動による募金を寄付しました。
この寄付には、社員食堂の生ごみを発酵させたリサイクル有機肥料「オーガニックコンポスト」を文化祭で販売した収益金も含まれています。

文化祭チャリティーバザー(2019年度)

ブックドネーション

ブックドネーションとは、会社や家庭で読み終えた書籍や、使い終えたDVD、CD、ゲームソフトを買い取り専門会社が査定し、買い取り相当額を指定した団体に寄付するチャリティーの仕組みです。
当社では、長野県上田市にある㈱バリューブックスへ社員から回収した書籍を送り、現在は2011年3月11日の東日本大震災により壊滅的な被害を受けた陸前高田市立図書館の再建を目指す寄付プロジェクト「陸前高田市立図書館ゆめプロジェクト」を寄付先としています。
東日本大震災で失われた図書館は、ブックドネーションによる寄付金により2017年7月に再建され、その後も書籍購入や図書館運営費の支援として活動が継続されています。
当社は、2010年9月よりこの活動を開始し、今までに約6,900冊の書籍を㈱バリューブックスへ送り、買い取り相当額約198,000円を寄付しました。

陸前高田市立図書館 外観

社員のクラブによる社会貢献活動

当社では、社員のクラブ活動でも、スポーツを通じて地域社会に貢献していきたいと考えています。テニスクラブの活動で使えなくなったテニスボールは「テニスボールリユース活動」を通して、再利用されています。

年度 寄附先 寄附数(個)
2015 石川県内灘町内 300
2016 青森県弘前市内 535
2017 山口県下関市内 524
2018 佐賀県佐賀市内 612
2019 石川県中能登町内 600
2020 福岡県嘉麻市内 300
広島県広島市内 300
東京都八王子市内 300
合 計 3,471

このボールは、小中学校の机と椅子の脚に取り付けられ、子どもたちが静かで落ち着いた環境で勉強できるようになります。また、社内においても、床に傷がつかぬよう、活用されています。

3.地域・社会貢献活動

2020年度の主な活動内容は以下の通りです。

時期 主催 活動内容
6月 キッセイ薬品工業㈱ 中央研究所、塩尻工場見学(薬剤師会及び薬学実習生)(オンライン開催)
8月 松本市地球温暖化防止市民ネットワーク 「打ち水大作戦」:本社・松本工場の敷地内へ井水を利用した散水
9月 キッセイ薬品工業㈱ 信州大学経法学部 環境法務実習(オンライン開催)
キッセイ薬品工業㈱ 中央研究所、塩尻工場見学(薬剤師会及び薬学実習生)(オンライン開催)
10月 キッセイ薬品工業㈱ 当社の全国事業所及びグループ会社周辺の歩道、側溝及び公園を中心とした公共施設の清掃(2020年度は、松本本社地区、穂高地区のみ規模を縮小し、実施)
12月 松本市教育文化センター 親子科学教室への参加、企画運営
松本市地球温暖化防止市民ネットワーク 「冬のキャンドルナイト」:地球温暖化対策推進活動への参加、協力
3月 穴田川をきれいにする会 企業、地域住民、自治体の共同による河川の清掃

なお、2020年度は、例年実施していた当社の全国の事業所やグループ会社周辺の清掃や、松本本社のある地域住民に余剰となったカレンダーを無料配布するイベント等について、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小して実施あるいは中止としております。

 

地域清掃活動

当社およびグループ会社では毎年春と秋の年2回地域環境保全活動の一環として、事業所周辺の清掃活動を実施しています。春は「ごみゼロの日」にあわせて5月30日前後に長野県内各事業所、上越化学研究所およびグループ会社で「春のごみゼロ運動」を、秋は10月後半に全社員を対象に「秋の一斉清掃」として実施しています。今後も地域への感謝を込めながら環境保全活動を継続してまいります。

地域清掃活動

穴田川の清掃活動

松本市にあるキッセイ薬品の本社近くを流れる約5キロの小河川の穴田川は、昭和40年代に宅地化等の影響で急激に汚染が進みました。そこで昭和47年に当社が先頭に立ち、地域住民、企業そして自治体と協力して清掃活動や下水道整備を推進した結果、現在では松本市内でも有数のきれいな川となりました。引き続き毎年の穴田川の河川清掃を継続し、地域貢献とともに環境美化に努めていきます。

穴田川の清掃活動

親子科学教室

「遊びながら科学のおもしろさを学び、理科離れを解消しよう」という趣旨で本社のある松本市では、小学生の親子を対象とした「親子科学教室」を開催しており、当社は2009年から社員がボランティアで協力しています。当社の担当日には社員が本教室の企画から運営までを行い、参加者は白衣を着用し、実験器具等を使うことで、まるで研究所で実験をしているような気分を子どもたちだけでなく、保護者の皆さんにも楽しんでいただいています。
子どもたちが真剣に取り組む姿や実験に成功した時の笑顔に刺激を受けることも多く、講師やスタッフとして参加する社員にとっても貴重な機会となっています。

親子科学教室

学生の企業見学

近年、将来の進路を選択するために学生の企業見学が増えています。当社においても、薬学生や長野県内の高校生・中学生を中心に、企業見学を受け入れています。
塩尻工場や中央研究所、第二研究所の施設内の見学や、業務紹介をするなど、当社の事業内容を知っていただく良い機会となっています。2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催となりました。
また定期的に地域住民の代表の方ともコミュニケーションをとり、当社の活動にご理解をいただいています。

塩尻工場見学(2019年度実施)

環境法務実習

2017年より信州大学経法学部の学生を対象に環境法務実習を実施しています。この実習は学生たちが大学で学んでいる環境法が社会の現場でどのように実践されているかを理解いただく機会となっています。松本本社敷地内の排水処理施設、ボイラー、コージェネレーションシステムや廃棄物保管場所などの環境関連設備の見学等を行い、会議室では学生たちからの環境法等に関する報告や当社環境関連データをもとに、法的届出書類の模擬実習などを通じて意見交換を行っています。
なお、2020年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインでの開催となりました。

信州大学環境法務実習(2020年度実施)

松本ぼんぼん

「松本ぼんぼん」は、毎年8月の第1土曜日に開催され、松本市を代表する夏のイベントとなっています。会場となる中心市街地は歩行者天国となり、企業や学校などを主体とした「連」と呼ばれるグループ単位で参加する約2万人の踊り手と大勢の見物客でにぎわいます。
「キッセイ連」は、グループ会社の社員および、その家族約150名が「基本に忠実に笑顔あふれる踊り」を披露し、前年の最優秀賞に続き、2019年度は「優秀賞」を受賞しました。
本祭りは終了後に参加者・見物客全員による一斉清掃が行われることも特徴の一つです。 私たちキッセイ連は今後もキッセイの活力をアピールするとともに地域との連携を深めてまいります。 なお、2020年、2021年は新型コロナウイルス感染拡大により開催中止となりました。

松本ぼんぼん踊りの様子(2019年度実施)

COOL CHOICEへの賛同

2015年に、2020年以降の温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」が採択され、世界の平均気温上昇を2度未満にする(さらに1.5度に抑える努力をする)こと、今世紀後半に温室効果ガスの排出を実施ゼロにすることが打ち出されました。政府はその目標に向けた脱炭素づくりに貢献するあらゆる「賢い選択」を促す国民運動「COOL CHOICE」を推進し、当社もその運動に賛同しています。
当社は、関連する取り組みとしてこれまでのクールビス、ウォームビズに加え、長野県が実施した信州スマートムーブ通勤ウィークへ参加し、ノーマイカー通勤、エコドライブ通勤などにも取り組んでいます。

薬剤師セミナーへの講師派遣

当社は、学生の進路選択の一助として、また薬業界や地域産業の発展に寄与できればとの思いから、長野県薬剤師会が中高生を対象に年1回開催している「長野県薬剤師セミナー」へ講師の派遣を依頼され、当社社員も講師を務めています。
当セミナーは薬剤師に興味がある中高生やその保護者など100名以上が参加しており、製薬企業のほか、薬局、病院、行政などの立場から、日ごろの業務における薬剤師の役目、仕事のやりがい他について講演しています。またセミナー終了後は個別相談にも応じ、より具体的な内容について説明しています。

中学生を対象とした薬剤師セミナー(2019年度実施)

キッズISOプログラムへの協賛

長野県では子どもたちが省エネやゴミの削減等に取り組みながら環境問題について自ら考え実行する力を養うことができる環境教育プログラム「キッズISOプログラム事業」を推進しています。当社では趣旨に賛同し、この事業に協力しています。

長野県ホームページ「キッズISOプログラム事業」
https://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/kurashi/kankyo/kyoiku/kidsiso/

4.文化芸術への貢献

キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)ネーミングライツ

2012年(平成24年)7月に松本市にある長野県松本文化会館のネーミングライツを取得しました。長野県松本文化会館へ「キッセイ文化ホール」の愛称を付与することにより、ネーミングライツ料が本施設の維持・管理に活用されることを通じて文化芸術振興への寄与と本施設のサービスの向上を図ることを目的としております。
キッセイ文化ホールではセイジ・オザワ 松本フェスティバル、各種コンサート、吹奏楽団の演奏会など多種多様なイベントが開催されています。

キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)

セイジ・オザワ 松本フェスティバル

音楽は、世界共通の言葉です。人びとが共感し感動できる文化活動を応援し育んでいくことは、企業の重要な役割であるとキッセイ薬品は考えています。
1992年(平成4年)9月から年1回、松本で開催される音楽祭「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」(旧 サイトウ・キネン・フェスティバル松本)は、世界屈指のマエストロ小澤征爾氏のもとに世界中から優れた音楽家たちが結集し、心に響く最高水準の音楽を日本から世界に向けて発信しています。
キッセイ薬品は、サイトウ・キネン財団の理事として、この音楽祭を応援しています。
なお、2020年、2021年は新型コロナウイルス感染拡大により開催中止となりました。

5.スポーツへの貢献

松本山雅フットボールクラブ

スポーツを通じて、老若男女が気軽に集い、世代を超えて人々と関わり合うことは、健全で活気のある社会を形成する上で、有効な手段になると考えられます。
キッセイ薬品は、人びとの健康を願う企業として、また、地域社会への貢献活動の一環として、松本山雅フットボールクラブをオフィシャルスポンサーとして応援しています。
松本山雅フットボールクラブは1965年に長野県松本市において結成され、2010年にJFL(日本フットボールリーグ)、2011年にJリーグに加盟し、2015年には念願のJ1昇格を果たしました。
当クラブは、サッカーを通じ、未来ある子どもたちと市民に夢と希望、感動を与え、地域に元気と活力をもたらすような「ひとづくり」「まちづくり」「未来づくり」に貢献することをビジョンに掲げ活動しています。
現在は、再度J1昇格に向けて、J2リーグで戦っています。

松本山雅フットボールクラブ 公式サイト

市民タイムス旗 野球大会

松本市の新聞社「市民タイムス」は、野球を通じて生きがいや友情・連帯を育み、地域の活性化、スポーツ文化の振興を目的に、毎年、少年野球大会、早起き野球大会を開催しています。
当社は、本大会への協賛を行い、地域の人びとの健康増進と交流に貢献しています。

野球少年大会(市民タイムス提供)(2020年度実施)

マラソン、陸上競技大会

当社は、県民の心身の健全な発展に寄与すること目的に、塩尻市ぶどうの郷ロードレース、信州安曇野ハーフマラソンや長野県障がい者スポーツ大会、松本マラソンなど多くのイベントに協賛しています。

信州安雲野ハーフマラソン(2019年度実施)

6.お客様との関わり

くすり相談の窓口

キッセイ薬品は1995年(平成7年)に「くすり相談センター」を開設し、医療関係者(医師、薬剤師等)のほか、患者さんやその家族の方等からの様々なお問い合わせに対応しています。

医薬品は、患者さんの病状や体質等に合わせて適切に使用されることで有効かつ安全に効果を発揮します。くすり相談センターの役割は、医療関係者及び患者さんやその家族の方々との相談対応業務を通じて医薬品の情報提供と適正使用を図り、医薬品の有用性を高めることといえます。さらに、お客様からいただいたご意見は、今後の製品改良に活かすよう取り組んでいます。

患者さん向け情報サイトの運営

キッセイ薬品では、重点領域である腎・透析、泌尿器領域等における患者さん向け情報発信を積極的に行っています。透析患者さんやおしっこの症状などでお悩みの方が、ご自分の人生を楽しみ、笑顔で生活いただけるよう、患者さんとそのご家族のお役に立てる情報サイトを当社コーポレートサイトに開設し、運営しています。
患者さんやそのご家族が笑顔で日常生活を送ることができるためのお手伝いができるサイトをコンセプトに、患者さんの日常生活に対する具体的なアドバイスを各シーン別にQ&Aの形式で掲載しています。また、透析患者さん向けのサイトでは、透析患者さんには欠かせない食事管理について、1から料理を作るのではなく、スーパーやコンビニで入手できるものや外食時に活用できる手軽な食事管理のコツをご紹介するコンテンツや、透析患者さんの治療や暮らしを支える、医療関係をはじめとした様々な職種の「サポーター」をご紹介するコンテンツなども掲載し、患者さんとそのご家族の暮らしに寄り添う情報を発信しています。

株主、投資家向けのページに遷移します。
「株主・投資家の皆さま」内のコンテンツは、株主、投資家、ならびに報道関係者の皆さまへの当社活動の情報提供を目的としており、一般の方への情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

サイトを表示