透析について考える

このコーナーでは、透析患者さんの治療や暮らしを支える、いろいろな職種の「サポーター」をご紹介。困ったときや不安なときに誰を頼ればよいかがわかります。

透析ライフを支えるサポーターの仕事と関わり

医療関係
福祉関係
手続き関係・その他

こんなときは誰に相談したらいいの?

透析サポーター インタビュー

Vol.2NEW
透析のために生きるのではなく、生きるために透析をする。
患者さんの望みをどうやったら叶えられるか、一緒に考えていきたい。

医療法人 友秀会 伊丹腎クリニック(北海道登別市)院長
伊丹 儀友(のりとも) 先生

患者さん一人ひとりの体の状態や生活状況を把握し、最適な透析治療のプランを組み立てる透析医。治療の指揮者ともいえる透析医は、どのような考えを持って患者さんに接しているのでしょうか。
医師として40年、透析医として30年のキャリアを持つ伊丹儀友先生に、透析治療に対する想いや普段の診療で心掛けていることについてお聞きしました。

このページの先頭に戻る